選ばれる理由

エイ・エヌ・エスのシステムが可能にする3つのこと

01.『稼ぐシステム』の実現

業歴33年・業績300社以上のシステム開発を手掛けたエイ・エヌ・エスだからこそ可能にしたオリジナルシステム開発・専任による運用サポート・データ保守サービス。

オリジナルシステム開発 専任による運用サポート データ保守サービス
お客様のアイデアを具現化 お客様は本業に専念 お客様データを万全なセキュリティ環境(BCP含む)の実現
オリジナルクラウドとは

02.『システムの問題』を解決

会社の規模により基幹システムを導入するのも一般化されております。中でも、システム運用に関しても様々な相談をいただいております。エイ・エヌ・エスでは、多種多様な業種に合わせたシステム開発をご提案・運用を行います。特に実業務から乖離した基幹システムの「処理速度」・「パフォーマンス」・「ユーザビリティ」を考慮した、リニューアルを数多くご依頼いただいております。

既存のシステムを改修したい

03.『新規アイデア』の具現化

エイ・エヌ・エスでは、システムをベースとした新規事業の立ち上げのサポートも行っております。新たな創造に必要としたシステム開発の企画・戦略・実行に関してお気軽にご相談下さい。新しいサービス・ビジネス を展開するベンチャー企業のシステム開発、本業に特化したシステムを必要とする企業のシステム開発にエイ・エヌ・エスが全力で応えます。

既存のシステムを改修したい

現在お考えの『デキたらいいな』をご相談ください。実績豊富なコンサルタントが回答いたします。

お問い合わせ・お見積り依頼
お問い合わせ・お見積りフォーム
お電話でもお気軽にお問い合わせください。0120-553-200[受付時間9:00~18:00(土日・祝日除く)]

今までの受託システム開発

今までの受託開発は納品次第で完了というのが特徴的でした。
初期コストも高額になる傾向がある為、多くの人員及び時間・労力をかけ開発を進めていました。その割に実際運用してみると多くの問題点が出てくるのが、もはや一般的と言っても良い傾向にありました。そこで弊社では、ユーザー様の「運用現場」を重視した『システム開発』・『サーバーホスティング』・『保守メンテナンス』を兼ね備えた『オリジナルクラウド』を考案。理論・理想を加味した『一環したソリューション』を提供致します。

  従来の受託システム ANS「オリジナルクラウド」
システム開発 [パッケージカスタマイズ]最低限のカスタマイズしかできない [ANSオリジナル]フルオーダーで基幹システムを構築
サーバーホスティング [自社にて管理]リスク有り、時代や空調費用等費用発生 [専用]専用プライベートクラウドにてバックアップ・災害対策・セキュリティ対策
保守メンテナンス [自社内の人員]システム、インフラホスティングにも「おもり」必要で費用発生 [専任]自社にエンジニアを抱えない専任担当者が即時対応、軽度な対応も可能
費用感 [×]導入後の作り直しには、別途費用が必要。不必要な機能も含まれているため無駄がある [◎]必要な機能に対する適正価格。重要な機能にウェイトを置くこともできる
運用 [×]自社でサーバー管理。お客様の業務を知っている保守担当者がいない [◎]サーバー保守・データのバックアップ・故障定期診断などもサポート(月額費用内で対応)
ビジネス関係 [×]「システムの納品がゴール」 [◎]「システムの納品がスタート」パートナーシップをとって長期利用できるシステムを提供する
特徴 パッケージは自社で保守、サーバー管理をしなければならないITに詳しい社員が必要。導入後のカスタマイズ性、保守のレベルが不明 オリジナルシステムを作りつつサーバー管理が楽でセキュア・災害対策もできている保守メンテナンスも担当のエンジニアがサポート
オリジナルクラウドがすべて解決します。

システム開発、ホスティング、保守メンテナンスとユーザー様の「運用現場」を重視し、理論・理想を加味した『一環したソリューション』を提供致します。

クラウドのメリット・デメリット

メリット
インターネット環境のあるハードウェアならどこでも利用できる。
自分の持っているハードディスクなどのメモリ容量はいっさい圧迫しない。
データはクラウドサービス提供会社のサーバーにあるため、誤ってデータが消えることがない。
デメリット
クラウドサービスは、同じサーバーに何万人もの人のデータを管理することがあります。
通常、「ID・パスワード」で自分と他人のデータを区別しますが、万一、ID・パスワードを忘れてしまったり漏洩してしまった場合、データの改ざん・悪用をされる可能性があります。
[対策]弊社では、お客様(会社単位)毎に専用のサーバーでデータ保管しますので、外部にデータが漏れることがありません。構築・管理の難しいプライベートクラウドであっても、弊社にお任せ頂けます。

一般クラウドの欠点について

一般的なクラウド環境とはどのようなものなのか。
基幹システムで仕様するには、下記のような問題点を考慮しなくてはならない。

  • オリジナル開発(×基幹システムが無理)
  • インフラホスティング(×パブリック環境)
  • 保守メンテナンス(×パブリック環境)
  • ※オリジナリティーを持てず、セキュリティ的にも問題有り

災害、事故対策にも安心なシステム

今現在、企業にとっての自社業務システムは、企業活動を行う上で、切っても切り離せない存在となっています。
仮にシステム無しで、業務を行う場合、大変な労力を要することになります。
よって、BCPを考慮する上で、自社業務システムの安全性、可用性に関しても、計画の一部として対策を講じなければなりません。

  • ホスティングシステムアウトソーシング

    自社抱えのサーバーおよびシステムをどうする?
    自社地域での計画停電の実施や災害での自社社屋の損失[システム停止、サーバー資産壊滅]
    ホスティングサービスもしくはアウトソーシングサービスを利用することにより、自社サーバーを堅牢性に優れたデータセンターに移設し、仮に自社が災害、事故に遭った場合でもシステムは稼働可能!
  • ホスティングシステムアウトソーシング

    自社のITリソース管理
    災害での自社社屋の損失やサーバークラッシュ[システム停止、サーバー資産壊滅]
    ハードディスクバックアップ、リソースバックアップ、データバックアップは定期的に実施。但し、同じマシンや同じ建屋内へのバックアップでは不完全。よって、さらに遠隔地へも多拠点バックアップを実施することにより、仮に1拠点で、災害、事故に遭った場合でもシステムは即復旧可能!
  • ホスティングシステムアウトソーシング

    通勤が出来ない社員が続出
    交通機関はマヒ状態で出社困難、2次災害や停電も考慮して自宅待機措置[業務停止、業績悪化は必至!]
    システムをインターネット経由で利用可能とすれば、自宅での業務が可能。但し、セキュリティ対策は厳重に!
オリジナルクラウドがすべて解決します。

オリジナルクラウドのご利用で復元できないデータの確保が可能になります。

現在お考えの『デキたらいいな』をご相談ください。実績豊富なコンサルタントが回答いたします。

お問い合わせ・お見積り依頼
お問い合わせ・お見積りフォーム
お電話でもお気軽にお問い合わせください。0120-553-200[受付時間9:00~18:00(土日・祝日除く)]

IT投資のガイドライン

IT活用の現状

開発・導入のポイント

要件を広げすぎない(段階導入を検討する)
システム導入前は、理想が大きく膨らみます。何をいつまでに達成するか、まずは目的達成の為の最低限のゴールを設定し、段階的な充実を目指していくのがポイントです。
思いつきや部門最適に惑わされない
思いつきの機能・要望や、特定の部門からの要望に惑わされないことが重要です。
システム化本来の目的に沿って、開発を行うことがポイントです。>
オリジナルクラウドがすべて解決します。

多くの理想から、本来の目的を逸脱しやすいが、システム導入の本来の目的を明確にし、必要あれば調整を行うことがポイントです。

現在お考えの『デキたらいいな』をご相談ください。実績豊富なコンサルタントが回答いたします。

お問い合わせ・お見積り依頼
お問い合わせ・お見積りフォーム
お電話でもお気軽にお問い合わせください。0120-553-200[受付時間9:00~18:00(土日・祝日除く)]

ページの先頭へ